金運の工夫

金運がある人とは?
福耳の人は金運があると、よく言われます。
福耳であるほどよく、耳たぶがふっくら分厚くて、上に米粒がたくさん乗るほど金運があるといいます。
そして、福耳でない人も、耳を引っ張って大きくしたり、大振りのイヤリングをつけるなどしても、金運が上向くそうです。
あとは、西の方角に黄色い物を置くと金運に良いと、よく風水などで言われています。
本当かどうかは分かりませんが、高額の宝くじに当選した人が、家の西の方角に、造花など黄色い物と一緒に宝くじをしまっておいたら高額当選した、というような話もよく聞いたりします。
それから、財布を買い換えるなら長財布がよい、とか。
お札を、折らずに入れられるからのようです。
色も黄色、金色、茶色等がよいとか。
赤い色の財布は、あまり良くないそうです。
赤字を連想させるからでしょうか。
財布の中のお札の向きもきちんとそろえると、金運がさらに良くなるそうですね。
お札がたくさん、財布の中に飛び込んでくるらしいですよ。

新宿の占い師はここ人生にお悩みの方、今後の流れを知りたい方に、芸能人も鑑定した占い師さんに占ってもらうのがオススメです。